新型クラウンの値引き情報や価格について掲載しました。

新型クラウン
新車を40万円安くするノウハウ
新型クラウン(トヨタ)
新型日産ノートレビュー

最高級のセダンへ

トヨタのクラウンは、モデルチェンジでさらに高級感のあるモデルへと進化を遂げた。
随所にトヨタの美意識が溶け込んだ自信作となっている。

価格 人気グレード 値引き額の目安
267万円〜720万円 ハイブリッド ロイヤル 2万円
エコカー減税 燃費
100% 25.35万円 カタログ燃費:23.2km/L  実燃費:20.1km/L

質問新型なのですが値引きはされますか?

グレードにもよって変わりますが、発売されたばかりの新型車種なのであまり値引きは期待できないようです。出来たとしても値引き額は大体2万円前後となります。より支払額を少なくするために、こちらのサービスを利用する方法もあります。

質問エコカー減税は適応されていますか?

100%の減税がされております。今なら25.35万円安く買えます。

質問エアロ対応はどうなっているのでしょうか?

トヨタはTRDパーツを発売しております。エアロパーツに関してはフロントスポイラー、サイドスカート、リヤトランクスポイラーのセットがあります。価格は12万6000円となります。

質問燃費は良いのでしょうか?

ガソリン車は「10.2km/L」なのでライバル車と比べるとあまり良い数値ではありません。ただ、ハイブリットモデルに設定した場合は先代と比べて66%も燃費が向上し「23.2km/L」という高燃費です。

質問オススメな点はありますか?

国産ということもあってか、輸入車とはどこか違い日本人にしっくり来る雰囲気があります。走行面では足回りが優れているので高速走行時でも挙動にしなやかさがあります。コンピュータの補助もあり安全で快適な運転が出来ます。

質問人気のグレードってありますか?

やはり、「クラウンロイヤル」と「クラウンアスリート」は人気があります。

質問価格はどれくらいになるのでしょうか?

クラウンロイヤルの場合は353〜536万円、クラウンアスリートの場合は357〜575万円となります。

質問納車はどれくらいかかりますか?

今のところ、2〜3ヶ月待つ場合があるようです。

質問外装はどんな感じですか?

重厚感が追求されているため高級さがあります。その反面、フロントグリルの王冠マークが大きくなりフロントマスクを覆うデザインになってしまったことに不満を持つ方もいらっしゃるそうです。好みの問題ですので、逆にそこが良いという方もいらっしゃるかも知れません。

質問内装はどんな感じですか?

新型クラウンは高級感を全面に出しています。そのため、インテリアも緻密に鮮麗されています。実物はカタログでみるよりでも磨き抜かれた質感があります。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくして新型クラウンを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけで新型クラウンのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

 

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよく新型クラウンに乗り換えられますしね。

    

日本が誇る自動車メーカーであるトヨタがクラウンのフルモデルチェンジを約5年ぶりに実施した。より充実した新型クラウンは、新しい高級車のスタンダードとなるに違いない。 インテリアは上質な作りとなっており、これ以上ない安らぎの空間を提供してくれる。エクステリアも同じく高級感のある作りとなっており、落ち着きがあるなかにもシンボルとなるフロントマスクが絶妙な存在感を示している。また、今回のモデルチェンジでハイブリッド車も4気筒250ccとコンパクトにし、さらに燃費性能を圧倒的に高めている。燃費性能に加えて静粛性の高さやデザイン、動力性どれをとっても最高峰のモデルへとクラウンはなっている。クラウンは今まさに、日本の乗用車史に新しい1ページを刻もうとしている。

新車を40万円安くするノウハウ